2012年07月13日

7月13日 週刊まち日和

今週のまちづくり編集室は、
まちづくりセンタースタッフであり、
まなびっと体験講座運営委員会事務局の
丸山潤子さん
にお越しいただきました。

丸山さん.jpg

7月29日にまちづくりセンターで行われる
「まなびっとフェスティバル 2012」で宣伝隊長を務めている丸山さん。
今日は「まなびっとフェスティバル」の内容を教えていただきました。

「まなびっとフェスティバル 2012」は自由研究大会をテーマに
予約がいらない「ちょこっと体験屋台」と
申し込みが必要な「がっちり体験」があります。

「ちょこっと体験屋台」では、
ネームプレートを作る「タイルクラフト」や
ガーデンペイントで植木鉢を作る「ちょっとだけトールペイント」、
立待岬産の干したワカメの重さを量り、袋に詰めて、ラベルを張る、
食育体験の「天然ワカメの袋づめ」などがあります。

「がっちり体験」は申し込みが必要で
1時間半から2時間くらいかけてじっくりと作品を作ります。
ペットボトルでマラカスやストローの笛づくりをする
「てづくり楽器で音楽をたのしもう」や
韓国の伝統工芸、韓国版のパッチワーク
「ポシャギ講座」などがあります。

この「まなびっとフェスティバル」では「まなびぃチケット」と
呼ばれるチケットを購入して使います。
1枚100円として、1シート5枚つづりです。
チケットの枚数によって体験に参加することができます。

もしわからないこと、聞きたいことがありましたら
まちづくりセンター TEL0138-22-9700 丸山さんまで
お問い合わせいただくか、
まちづくりセンターのブログをご覧ください。

丸山さん、ありがとうございました!!


後半の元気アラカルトは
七飯 4Hクラブ
のみなさんにお越しいただきました。
4H.jpg

今の時期は、ニンジンがができる時期だそうです。
みなさん、ニンジンを作っているそうです。
「今年は水不足で大変だった」とみなさんおっしゃっていました。

18歳の松本さんは今年4月から農業に従事していて、
一番大変なことは朝4時からの大根抜きだそうです。


七飯4Hクラブのみなさん、ありがとうございました。


では、また来週!!
posted by FMいるかスタッフ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組ゲスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

7月6日 週刊まち日和

今週のまちづくり編集室には、
北海道教育大学函館校1年生の熊谷真優さん、
高田凱也さん、野口有希さん
にお越しいただきました。

教育大2.jpg

熊谷さんは苫小牧から、高田さんは青森県から、
野口さんは京都から函館の教育大学に進学してきたそうです。

大学に入る前と入った後でのイメージの差は?と聞かれて、
高田さんは「思っていたよりも大学生は元気で活発です」とのこと。

学生さんがゲストに来るとする質問、
自分の地元に大切な人が来たら連れて行きたい場所は、
野口さんは「嵐山の竹林の道」だそうです。
「夏でも涼しいのでいいですよ」とおっしゃっていました。

もうひとつの質問、
学生のうちにやっておきたいことは、
熊谷さんは「自転車で旅をしたいですね。
富良野とかに行きたいです」と答えていただきました。

熊谷さん、高田さん、野口さん
ありがとうございました。


後半の元気アラカルト、
第1週はまちづくりセンター情報篇
です。

7月に函館で開催されるイベントを紹介していただきました。

平井さんが運営委員長を務める
「まなびっとフェスティバル2012」
7月29日(日) 午前11時〜午後4時
場所:地域交流まちづくりセンター
夏休みの自由研究大会。
夏休みの自由研究にピッタリな教室がたくさんあります。
タイルクラフトやトールペイント、ペットボトルで楽器作りなど。
お問い合わせ、申し込みは
函館市地域交流まちづくりセンター 0138-22-9700

NPO法人どうなん「学び」サポートセンター「箱館諸術調所」
7月28日(土) 午前10時〜お昼12時
会場:函館市地域交流まちづくりセンター
海のはなし、環境、生物、人について

郷土の歴史再発見ウォーク
「第83回 箱館歴史散歩の会 伝統的建造物めぐり」
7月20日(金) 午前10時〜お昼12時30分
集合:函館市地域交流まちづくりセンター
参加費:100円(別途旧相馬邸の入館料がかかります)
申し込みは不要です。

女性のための自治政策セミナー
「みんな一緒で、元気な地域!」
〜富山型デイサービス「おらとこ」設立者、野入美津恵さんと語る〜
7月19日(木) 午後6時か〜午後7時30分
会場:函館市地域交流まちづくりセンター
参加料:500円  定員:30名

ワールドカフェHAKODATE
まちでつながるコミュニティの未来を創る
7月14日(土) 午後1時〜午後5時
会場:函館市地域交流まちづくりセンター
参加費:500円  定員:60名


みなさん、ぜひ参加してくださいね!

では、また来週!!
posted by FMいるかスタッフ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組ゲスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

6月29日 週刊まち日和

今週のまちづくり編集室には、
教育大学函館校 1年生の
山尾 美鈴さん、大井 美玖さん、
徳山 ゆう子さん
にお越しいただきました。

教育大.jpg

みなさん平成5年生まれで、
山尾さんは岩手県盛岡、徳山さんは八雲町から、
大井さんは遠軽町から函館の教育大に進学したそうです。

学生時代にやっておきたいことを聞かれると、
「仮装大賞に出たい。もうサークルまで作りました。」
と山尾さん。

地元に大切な人が遊びに来た時に連れて行きたい場所を
聞かれると、八雲町出身の徳山さんは
「ハーベスター八雲でフライドチキンを食べたいです。」
とおっしゃっていました。

大井さんは将来、児童福祉士になりたいそうです。


山尾さん、徳山さん、大井さん
ありがとうございました。



今週の元気アラカルトは、
第5週なので丸藤さんと平井さんの二人のトークです。

今日は平井さんが丸藤さんに
ラジオやテレビ、講演会などでのお話について
質問しました。

丸藤さんは、講演会などでも話すことは
紙に書いて準備したりはしないそうです。
その場の雰囲気でどのような話し方をするか
どのような順番で話をするのかを決めるそうですよ。




では、また来週!!
posted by FMいるかスタッフ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組ゲスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

6月22日 週刊まち日和

今週のまちづくり編集室は、
福島避難者ネットワーク函館
代表 鈴木明広さん
にお越しいただきました。

鈴木さん.jpg

鈴木さんは昨年の9月に函館に避難してきました。
避難者支援ネットワーク函館は福島から避難してきた人たちが
支えあいながら作り上げた会です。
震災後、避難者の引受先はいろんなところにあり、住むところもありますが、
子供をどこで育てるべきかを考えるそうです。

「避難をしてきて少し経ち落ち着くと、これから先のことが心配になってきます。
物資の援助はもう足りていると思います。これから必要なのは、雇用の援助で
自治体など近くにいる方たちが斡旋してくれるととても助かります。」
とお話ししてくださいました。


鈴木さん、ありがとうございました!


後半の元気アラカルトは、
第4週 漁業篇 西山徹さんにお越しいただきました。

西山さん.jpg

「最近の漁は、マコガレイやホタテなどは
最初のころに比べるとだいぶいいものが獲れるようになってきて、
昆布もそろそろ始ります」とお話ししてくださいました。

他には今日から毛ガニの漁が始まったそうです。
6月30日(土)・7月1日(日)には
「おしゃまんべ毛がにまつり」が開催されます。

毛がにの販売や毛がに早食い競争などもありますよ。
ぜひ遊びに行ってみてはいかがですか?


西山さん、ありがとうございました。


では、また来週!!

posted by FMいるかスタッフ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組ゲスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

6月15日 週刊まち日和

今週のまちづくり編集室には、
北海道大学水産学部交響楽団の
福田紗和さん、篠原由衣さん、河野唯さん
にお越しいただきました。

交響楽団.jpg

北海道大学水産学部交響楽団「第57回定期演奏会」は
7月7日(土)に函館市民会館で開催されます。
ベートーベン作曲「交響曲第5番 運命」をはじめ、ボロディン作曲
「歌劇イーゴリ公 より だったん人の踊り」などを演奏します。

福田さんはパーカッション、篠原さんはオーボエ、河野さんはフルートで、
それぞれ函館以外のご出身です。

福田さんはパーカッションについて、
「誰でも音が出せますが、実は奥が深い楽器なんです」と
お話しいただきました。

「運命など有名な曲もやるので
クラシックに触れたことのない人でも楽しんでいただきたい」
と、フルートの河野さん。

開場18時、開演18時30分で入場料は500円(中学生以下無料)です。
ぜひお出かけください。

福田さん、篠原さん、河野さん
ありがとうございました。



後半の元気アラカルトは、
市役所篇 保健福祉部 倉橋さんと
農林水産部 杉澤さん
にお越しいただきました。

arakaruto.jpg

今回は様々な催し物をご案内いただきました。

6月17日(日)11時〜15時まで金森ホールで
「ピンクリボンフェスタ2012in函館」が開催され、
医療体験コーナーや無料健康相談コーナーなどがあります。

6月23日(土)11時〜20時30分まで、元町公園では
「道南フェスティバル 音楽と食の祭典」が開催されます。
スペシャルコンサートはひのき屋や加茂紀子さんがご出演です。

8月4日(土)〜10日(金)までは、元町公園で
「第005回 はこだて国際民俗芸術祭」が開催されます。
世界の民俗芸術団体・アーティストが1週間にわたって函館に滞在し、
元町公園ステージを中心に様々なイベントを行います。


いろいろなイベントが目白押しですので
ぜひ足を運んでみてはいかがですか?


倉橋さん、杉澤さん
ありがとうございました。

では、また来週!!
posted by FMいるかスタッフ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組ゲスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

6月8日 週刊まち日和

今週のまちづくり編集室には、
北海道新幹線新函館開業対策推進機構
事務局長の永澤大樹さん
にお越しいただきました。

永澤さん.jpg

北海道新幹線の2015年開業まであと3年となりましたが、
永澤さんが事務局長を務める同機構では、「北海道新幹線開業はこだて
活性化アクションプラン」を4年前から策定し活動されています。

「函館は、北海道内の他都市等とは身近に感じても、東北の都市などは
遠い存在で、交流が少ないのが現状です」と、永澤さん。

アンケートによれば、企業の60%は新幹線開業を期待していますが、
実際にそれに向けて行動している企業というのは6%程度なんだそうです。

「企業だけでなく、市民の一人ひとりがどこまで盛り上げていけるかが
大きな課題です」とお話してくださいました。


新幹線開業はこだて魅力創造ゼミナール
 2012年7月11日〜2013年3月22日 全11回開催

 全講座を学ぶ「本科生」の申し込み期間は、6月25日(月)まで。
 受講料は無料ですが、懇親会や宿泊研修は実費となります。

 個別に学べる「聴講生」は受講希望講座4日前までに申し込みが必要で、
 受講料は1回500円です。

 あなたも北海道新幹線開業に向けて、アクションしてみませんか?
 永澤さん、ありがとうございました。

 【開講案内ホームページ】



後半の元気アラカルトは、
第2週の箱館夢八商店のお二人にお越しいただきました。

夢八.jpg

2ヶ月ぶりの登場ですが、
この2ヶ月の間に夢八大門店が旧カメラのニセコの店舗に移転しました。

6月からは、宝来町「佐々木豆腐店」で作る
もめん・あげ・寄せ豆腐の入荷を始めました。

「今の時期は、アイスプラントが人気の野菜で、あと1週間くらいで
ズッキーニが入り始めます。これからどんどん夏野菜が入ってくると
思います」とお話ししてくださいました。

夢八のお二人、ありがとうございました。

【箱館夢八商店ブログ】



では、また来週!!

posted by FMいるかスタッフ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組ゲスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。